MONTH

2018年3月

写真を「焼く」とはこういうことか…【Workshop@RIVIERE】

先日、大阪・吹田のフィルム暗室ギャラリー【RIVIERE/リヴィエール】さんの開催するワークショップに参加してきた。カラーネガ現像と暗室での印画紙プリント体験。 このワークショップで勉強するためにも、まずは自家現像をしてみたのが前回のポスト。 自家現像について調べていると、続いて知ることになるのは「引き伸ばし機」による「印画紙へのプリント」これによりデジタル的な要素を全く経ることなく、一枚の写真を […]

それはフィルムカメラを始めて最も印象的な出来事だった【初自家現像】

着々と準備を進めていた自家現像。やっと実行に移すことができた。 各種薬液(劇物)の調合をかなりビクビクしながら行い、そのまま現像作業へ。 データシート通り、ACROS100をD-76現像液を使って7分15秒かけて現像。 解りにくかったのが、プラスチック製のLPL現像タンク5041を使った撹拌の仕方。 現像タンクは一般的に倒立撹拌(手のひらを反すようにくるくる撹拌させる)をするようで、Youtube […]

F6とLeicaⅢbを撮り比べる

LeicaⅢbとElmar 5cm f3.5を購入してからずっとやりたかったこと… 正確無比な露出を誇るNikon F6先生に教えてもらいつつ、LeicaⅢbに絞りとSSを反映してその写りを比較してみること。 万博公園梅まつりにてそれが叶ったので、まとめてみた。 使用機材はいつもの相棒たち。 Nikon F6&AF NIKKOR 50mm f1.8 LeicaⅢb&Elmar 5cm f3 […]

ロバート・キャパ写真集と沢木耕太郎

職場の先輩と今までどんな本を読んでおもしろかったかという話になり、私は司馬遼太郎の「燃えよ剣」と答え、先輩は沢木耕太郎の「深夜特急」シリーズと答えてくれた。 深夜特急、今までに読んだことがなく、沢木耕太郎という人も良く知らなかったため、その場ですぐにメモし、後日、書籍を手に入れて読み始めた。 先輩から聞いた話では、軽く「香港からロンドンまでバスで移動する話」としか聞いておらず、一体どんなものかとワ […]

自家現像始めます ~道具準備【追記・更新】

*【自家現像を始めて約1年経ったので、実際のところはどうなのか(買ったものは今も使っているのか、役に立つのか)という点を追記しています。変更部分にアンダーラインを引いています。】* 先日、出張先の街中で雨の中バルナックライカと散歩をしていた時、このシーンがモノクロで写せたらな…と思うことが多くあり、モノクロで撮影したい気持ちが大きく膨らんだ。 ただ、モノクロフィルムは近所のキタムラなどで現像を頼む […]

多趣味は無趣味?

私は趣味が多い方だ…だったと思う。 一つはギター。高校時代に友人に誘われ、中古でヤマハのアコースティックギターを購入して以来、細々と続けてきた。一時バンドの真似事みたいなのをやった時にFenderのストラトキャスターを購入したが、バンドをやめてからはすぐに売ってしまった。以降、何本かアコギを買い替えては挫折してきたが、先日とうとう最後の一本も手放してしまい、今は一台もない。高校時代にハマった以上に […]