ハワイ、ハッセルとライカとちびっこ【Day2】

人も海も風もなにか柔らかい。

ハワイ滞在2日目。

朝はこんな感じで雲が多く、湿った温かくも心地よい風がビーチを抜けていく。

「とりさんがいるねぇ」

昨日夕食をとったホテルのラウンジ内のテラスで、朝ごはん。
このラウンジ、とにかく小鳥が多い。どうやらおこぼれを求めてやってくるようだ。ラウンジ内でハトがテクテク歩いていたりしても、誰も気に留めないし、のんびりした雰囲気…アロハ。

海を眺めながらご飯を食べていると、雲が取れ、青空が覗きはじめる。
ラグーンと呼ばれる池をゆっくりと進むカヤック。
水面の緑を含んだ青が、とても美しい。
朝から泳いだり走ったり舟を漕いだり、ここで過ごす人々はみなアクティブだ。

その後、バスに乗っていざビーチへ。

かの有名なワイキキビーチはとても人が多いとのことだったので、西側に位置するアラモアナビーチへ向かう…のだが、バス乗り場を間違ってしまい、東側のワイキキビーチ方面へ向かってしまう。それでも市内周回バスなのでいずれはアラモアナビーチ付近に着く。しばらくバスに乗ってワイキキビーチ&市内観光となり、これが結構楽しいものとなった。

まだ日本時間を引きずっているようだ。
ワイキキビーチ。胸のすく青。
確かに、人は多い。
風景が、南国色。
カラッとした表現。ハイライトを無理に粘らない(粘れない)M9らしい。
丸亀製麺、大人気。
奥のカップルの男性の帽子がルフィ過ぎて思わず撮った一枚。

無事に目的地アラモアナビーチ付近のバス停にて降車。
しばらく歩けばビーチだ!と、抱っこを要求する娘を抱えて、ちょっと頑張って歩く。

国内の色んな海水浴場に行っては「南国気分♪」なんて思っていたが、とうとう本当の南国ビーチにやってきてしまった。大阪からの距離、およそ7000km。

老若男女、色んな人種の人々が、思い思いにビーチを楽しんでいる。

上の写真、後で気づいたが右下の波打ち際に寝ている人がいる。
「きっと、寝ているんだよね…。」

水の透明度が高く、青空に恵まれて絶好の海日和。
ABC STOREで購入した黄色いアヒルの浮き輪が今日の相棒。

最初はおっかなびっくりだったが…

徐々に慣れて終始ニコニコだった。

空と海、それぞれのグラデーション。
波打ち際には小魚がたくさん泳いでいた。

正直に言うと、こんな場所でLeica M9で写真を撮るのはなかなか気を遣うシチュエーションではあった。
しかし、この場所、この天気、このビーチで楽しく遊ぶ我が子を前にして虎の子のライカを持ち出さない選択はあり得なかった…。まさに最終兵器。(おとうさんの小遣い的な意味で。)というわけで、潮、砂、熱にビクビクしながらもここぞとばかりに撮りまくった。もちろんホテルに帰ってからはねぎらいの言葉をかけながらできる限りのクリーニングを施した。「後悔はしていない」と言えるのは帰国後の今もM9が正常に稼働しているからだとは思うが…。

ひこうきみつけた!

遊覧飛行と思われる小型機、ホノルル空港を出発する旅客機、さまざまな飛行機をここで眺めることになった。ハワイらしい、と言えるだろう。

くたくたになって、ホテルへと帰る。素敵なビーチで泳いだ後の満足感は何物にも代えがたい。

夕食はコロモコ!

…Day3へ続く

<LeicaM9 W-Nikkor35/2.5>